2007.01.10

【記事】アバターだって電気を使う

Second Life Avatars Consume As Much Electricity As Brazilians (TreeHugger)

TreeHuggerの記事より・・・
SecondLifeというのは自分のアバターをネット上の仮想社会に居住させることができるサイトで、ずいぶん人気があるようです。その中では、いろいろな経済活動が行なわれ、実際大きなお金が動いているそうです。SecondLife上の自分の分身であるアバタ―が平均的なブラジル人と同じぐらいの電力を消費している・・・と算出した人がいるようです。

With roughly 4000 servers running at full power at all times, the environmental implications of Second Life are not negligible. Fellow blogger Nicholas Carr recently did a back-of-the-envelope calculation comparing the impact of actual humans and Second Life avatars. Stunningly, it turns out that the average Second Life avatar consumes about as much electricity as your average Brazilian!

言葉:
back-of-the-envelope

(idiomatic) approximate, rough, simplified
Example: Do some back-of-the-envelope calculations before all the facts come in. (Wiktionary)

2006.01.27

【記事】みの(もんた)に任せては?

USATODAY.com - Kevin Maney: Just when we figured out what Aibo was good for...(sniff!)

SONYがあれこれ撤退を表明し、アイボもやめる・・・と、そんな折・・・

Yet on this same day, Purdue University has released news of research that shows that Aibo dogs can do as much good for the health of children as real dogs. Beyond that, says one report, "The (Purdue research) team also gave Aibos to elderly residents in care homes for six weeks and found that they were less depressed and lonely after interaction with the robotic dogs. Some residents reported being more active after playing with the robot."

アイボと一緒に過ごすことが、こどものやお年よりの健康に良い影響を与えるとの研究結果が発表された、そう。みのもんたに取り上げてもらえば、アイボもたくさん売れると思う。

2006.01.18

【記事】次なる広告媒体は・・・

USATODAY、Kevin Maney氏のブログより・・・

Most inspired advertising idea in a long time

The MIT Advertising Lab noticed that advertisers are figuring out that millions of people are looking at satellite images via sites such as Google Maps. So why not put a great big ad on top of a great big roof...

今や、Google Mapsなど衛星画像を見る人はものすごい数になっているので、広告をそれらのページに載せたら、宣伝効果が期待できる・・・。それじゃ、大きい屋根にでかい広告を掲げたらいいのでは??

なるほど。ありましたね~。未踏の領域が。(^ ^)
大急ぎで利用権を獲得せよ!!


2006.01.06

【記事】eBook-何度目の正直?

USATODAY.com - The plot thickens with a thin eBooks device

ひさしぶりに、思い出したぞ。eBook。CESでソニーの新しい電子書籍ビューワーが展示されるとのこと。
ソニーといえば、ビブリオ(だったっけ?)が以前、発売されてたけど・・・どうなっちゃったんだろう?松下のシグマブックも欲しいと思ってたけど、結局はテイクオフしなかったみたいな感じだ・・・。

最近、古いCE端末(モバイルギア)で読書しよう(無謀にも、嵐が丘に挑戦!)としてたところなので、タイムリーな話題ではある。やべーなー・・・、また、欲しくなってきたぞ・・・・。

とりあえず、単語を拾っておく。

The tale has been a ho-hum one so far; eBooks account for only about $10 million of the $24 billion publishing industry.

ho-hum
→あーあー ((退屈・疲労・軽蔑など)).、退屈な, つまらない.

2006.01.04

【記事】変なUSBメモリ

Gadgets » The top 10 weirdest USB drives ever

こういうのって、日本発のものが健闘(?)しますね。これはこれで、誇らしいものではありますな。かわいく、かつ上質なものにまとめあげてしまうところは、日本人ならではでしょうかね・・・。しかし、指のやつとか、バービーの首を抜くやつとか、趣味わるいよなぁ。

2005.12.16

【記事】日米ロボット文化

USATODAY.com - The cultural divide over 'bots

USATODAY.com のtech セクションのコラムニスト Kevin Maney氏のブログの記事より。

日本の研究者は、C3POタイプのロボットを追及し、アメリカの研究者は、R2D2 タイプのロボットを追求する。このまますすむと・・・

If both countries continue down those divergent paths, a wealthy Japanese household in 2025 might have a single, expensive, elegant, humanistic servant robot. A wealthy American household around the same time would be more likely to have 10 little special-purpose bots, all buzzing around and working in concert to take care of the house.

記事の最後で、あなたは、どっちを選ぶ?と、読者に問い掛けています。
自明だとおもうんだけど・・・それは日本人の考え方かな・・・。確かに、多様性、分散による強さというのもあるわね。どこか両国の国のありようにも通じる気がするね。(←ちょっと短絡?)

2005.12.15

【記事】クリスマスギフトの定番

USATODAY.com - Tops for literate gift-givers: Cookbooks, non-fiction

クリスマスのプレゼントに本、というのはやはり、定番的なチョイスの一つのようですが、この記事では、今年の傾向などが紹介されています。

料理本、フィクション、子供向けには、ナルニア、エラゴン、そして、ハリーポッターといったところが売れ筋のようです。そして、いよいよ選択にこまったら・・・

If you're really stumped, there's always the mainstay of holiday gift giving: the coffee table book. The winner in that category, booksellers say, is the $150, 23-pound Complete Calvin and Hobbes by Bill Watterson — what Amazon's Parsons calls "the coffee table book that would collapse a table."

mainstay →【船】大檣支索; 大黒柱
coffee table book →expensive picture book for display: a large, usually expensive book with lavish illustrations, especially one used for display or casual perusal rather than reading

なんですかね。Complete Calvin and Hobbes・・・。

Hidé S's Web Page "Calvin and Hobbes"

なるほど、連載コミックなんですね。なかなか面白そう。

2005.11.29

【記事】サウンド・オブ・・・リメイクするとしたら・・・

USATODAY.com - Andrews: Diaz would be perfect as Maria

「サウンド・オブ・ミュージック」がリメイクされたとしたらマリア役は、キャメロン・ディアスがぴったりだ、と、ジュリー・アンドリュースが語った、そうです。

Julie Andrews says Cameron Diaz would be the perfect choice to play Maria if The Sound of Music is ever remade. Andrews starred in the best-picture Academy Award winner about a nun who leaves the convent behind to wed an Austrian widower (Christopher Plummer) and spread the Do-Re-Mi spirit to his seven kids.
どうなんだろうな・・・。(^ ^; 二人は、シュレックの声で競演しているそうなので、リップサービス的なところもあるんでしょう。

2005.11.22

【記事】パワーコードの父亡くなる・・

Guitarist Link Wray, writer of 'Rawhide', 'Rumble,' dies

ギタリストの Link Wray が亡くなった、との記事。パワーコードの父だそうです。知りませんでした。

Guitar master Link Wray, the father of the power chord in rock 'n' roll who inspired legends such as Bruce Springsteen, David Bowie and Pete Townsend, has died.

ブルース・スプリングスティーンや、デビッド・ボウイ、ピート・タウンゼンドなどが彼から影響をうけているそうです。

The power chord — a thundering sound created by playing fifths (two notes five notes apart, often with the lower note doubled an octave above) — became a favorite among rock players. Wray claimed because he was too slow to be a whiz on the guitar, he had to invent sounds.

ロックギターで、低音弦を2本~3本使って、ゴゴゴゴゴゴゴゴって感じのサウンドをだしますが、これを、パワーコードというんですな。初めてこれを多用したギタリストなんですね。

When recording Rumble, he created the fuzz tone by punching holes in his amplifiers to produce a dark, grumbling sound. It took off instantly, but it was banned by some deejays in big cities for seeming to suggest teen violence.

いまや、ロックギターといえば、ひずんだギターサウンドですが、これも彼が作り出したもので、はじめは、アンプに穴をあけてたんですね。アイディアの人ですな。

deejay
→ディスクジョッキー D.J.

ご冥福を祈ります。

2005.11.21

【記事】ファンタジーの売れ行き好調(ハリーの魔法?)

USATODAY.com - 'Potter' series casts a spell over entire genre

ハリーポッターの影響で、ファンタジーのジャンル全体の売上が伸びているという記事。

Fantasy fiction has come of age. Blame it on a kid with glasses.
Sales of science fiction and fantasy books have jumped 8.5% in the past five years — nearly double the rate for all consumer books, according to Simba International, a publishing research company.


より以前の記事一覧

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ